PC版
四季ギャラリー

菊まつり

まつり

菅公は、梅と共に菊の花を好まれ、数々の和歌を詠まれております。
16歳の時に詠まれた「残菊詩」から、天神社では菅公をしのび、宮中で行われていた和歌・連歌などを詠む“残菊の宴”を催しておりました。
近年は、本殿の正面を取り囲むように菊を展示して菅公をお慰めすると共に参拝の方々にも鑑賞していただいております。*残菊とは旧暦の重陽の節句以降の菊を意味するとつたえられております。

平成19年菊まつり写真コンテスト入賞作品

江東区議会議長賞 鎌田様
「早春」

江東区議会議長賞 鎌田様
「早春」

江東区議会議長賞 鎌田様
「早春」

江東区議会議長賞 鎌田様
「早春」

江東区議会議長賞 鎌田様
「早春」

江東区議会議長賞 鎌田様
「早春」

江東区議会議長賞 鎌田様
「早春」

江東区議会議長賞 鎌田様
「早春」

天野信景の研究

  • facebook
  • twiter
  • instagram

メニュー