亀戸天神社

English Page

イベント情報

令和元年 6月25日(火)16時 執行  夏越祓・茅の輪くぐり

夏越祓・茅の輪くぐり

6月・12月、年に2度の大祓いのうち、6月の行事を特に“夏越祓”と称します。

夏越祓は今年の1月から半年間、心ならずも身についた罪穢れ(つみけがれ)を祓う神事です。

茅(かや)で作った“茅の輪”をくぐる事から“茅の輪くぐり”とも言い、先頭の神職が祓いの和歌を唱え、左、右、左と3度くぐります。

茅の由来、物事を清め祓うものと言われ、輪になる事でよりたくましい強い力を持つと信じられてきました。

祓いの和歌

水無月(みなづき)の なごしの祓いする人は 千年(ちとせ)の命 延(のぶ)と云うなり

2015y06m10d_130314870

令和元年 7月25日 10時 執行 筆塚祭

筆塚祭(ふでづかさい)

道真公は、書道の神様としても、皆様に深く信仰されています。

境内には4基の筆塚がありますが大鳥居をくぐり右側の筆塚の前で午前10時から執り行います。

筆は、古くから『文房至宝(ぶんぼうしほう)』の一つとして大切に習わしがあり、筆に関わる職業の人達(書道家・絵師)たちは使い古した筆を甕(かめ)に入れて、貯まった時に土中に埋め、その上に塚を建てて筆への感謝祭を行いました。

今まで使った筆、清書などをお持ちいただき祭壇にお供えし更なる書道上達と感謝をお祈りします。

古筆、清書などは、祭典終了後、筆塚の前で御焼納(お焚き上げ)を致します。

平成2年には本殿前の庭に『文房至宝(四宝)』の石碑が建立されました。

※文房至宝とは、中国より渡来した紙・筆・墨・硯の4つを意味し日本の高い文化を育てる文具として貴重品であり大切にされています。

2015y07m06d_160928794